投資事業

流動性が低く、価値向上の余地がある不動産や未上場企業への長期保有を前提とした投資を行います。
自己勘定投資と投資ファンドや事業会社との共同投資の2事業に大別されます。

​不動産投資

投資戦略

以下の不動産・不動産保有会社を投資対象とします。

​①を優先しながらも、②まで含め幅広く投資対象として検討することが可能です。

物件タイプ

① オフィス・商業施設・クリニック・ホテル

② 物流・住宅

エリア

① 都市部を中心に検討

② 郊外の一等地も対象(積算価格見合い)

案件規模

① 5~20億円

② 20~50億円

権利形態

① 完全所有

② 借地物件、土地のみ、区分持分、共有持分等でも検討可能

建物

① 築15年以下

② 旧耐震の物件、遵法性に抵触している建物であっても検討可能

不動産・不動産保有会社の価値を以下の観点から最大化します。

  1. 遵法性抵触事項の改善、大規模修繕を含めた資本的支出

  2. 空室物件のリースアップ、オペレーターチェンジ

  3. コスト削減によるキャッシュフロー改善

  4. Exitを前提としておらず、長期保有を前提とします

投資計画

長期保有を前提に考えており、5年間で500億円の投資運用額を目指しております。

投資実績

Coming Soon

Coming Soon

当該不動産に関する売買・賃貸のお問合せがある場合は、info@grit-p.comまでお問合せ下さい。

事業投資

投資戦略

以下のテーマで事業投資を検討しております。

ホテル・旅館への投資

投資ファンドと協働したホテル・ホテル不動産への投資

1店舗のみ(50室), チェーン店いずれも検討

PM/BMへの投資

プロパティ(PM)/ビルディングマネジメント(BM)を主業とする

上場会社と協働した、同業種への投資

再生投資

弊社、提携企業による企業価値向上が見込まれる赤字事業への投資

​特殊な事由により、スピード感を持った売却が必要な事業への投資

ベンチャー投資

​弊社の事業とシナジーが見込める不動産/M&A/ファイナンス/​

テクノロジー領域のベンチャー企業への投資

株式会社グリットパートナーズ

〒107-0062

東京都港区南青山1-15-16​ 山城ビル 4F

2020 Copyright © GRIT Partners Co., Ltd. All Rights Reserved